フリーダイアル 株式会社タカミツ


法事・法要の引き出物・お香典返し・お祝い品など、あらゆるギフトを株式会社タカミツにお任せ下さい。
お中元

日頃から御世話になっている方へのお中元・お歳暮には、先方の環境や好みを考慮した品を贈りましょう。

いつ贈るの?

7月初めから15日位まで(関西以西では8月初めから15日位まで)が「御中元」で、それ以降は「暑中見舞」、立秋を過ぎれば「残暑見舞」として贈ります。

何を贈る?

一般的なのは、食料品や日用品などの後に残らない消耗品。先方の好みや家族構成を考えてお選び下さい。涼しげな季節感のある品もよいでしょう。

表書き・水引は?

表書き/御中元・暑中御見舞・残暑御見舞

水引/紅白蝶結び

気をつけることは?

当家や先方が喪中であっても差し障りありません。しかし四十九日を過ぎていない場合や、先方が気落ちしている場合は、時期をずらして暑中見舞や残暑見舞で贈る方がよいでしょう。

夏は生ものが腐りやすい時期です。先方が留守ということもありますので、事前に相手の了解をとるとよいでしょう。

中元は、目下の人から目上の方へや、取引関係での贈答などですので、お返しは特に必要ありません。しかし、礼状は出すようにしたいものです。

お歳暮

いつ贈るの?

12月初めから25日位までに贈ります。年内に届けられない場合は「御年賀」として元日から松の内(一般的には1月7日)までに、また年賀で贈れない場合は「寒中御見舞」として 立春までに贈ります。

表書き・水引は?

表書き/御歳暮・御年賀・寒中御見舞

水引/紅白蝶結び

気をつけることは?

お中元とお歳暮のどちらか一方にする場合は、一年の締めくくりとしてお歳暮を贈るのが一般的です。

先方が喪中であっても差し障りありません。しかし四十九日を過ぎていない場合や、先方が気落ちしている場合は、時期をずらして寒中見舞で送る方がよいでしょう。

お返しの必要はありません。しかし礼状は品物の到着を知らせる役割もあり、到着後にできるだけ早く出すようにしましょう。

タカミツのおすすめ商品はこちら